ホットフラッシュ

ホットフラッシュとは?

ホットフラッシュとは更年期の女性によく見られる「ほてり」や「のぼせ」のことです。更年期にはさまざまな症状を訴える人がいますが、なかでも最も多く、更年期の約6〜7割もの女性が、症状の軽重の差こそあれこのホットフラッシュに悩まされているといいます。

 

更年期というのは閉経をはさんだ前後5年、計10年間のことを指します。更年期には女性ホルモンの分泌が急速に低下するため、ホットフラッシュなどをはじめとする多くの症状が現れます。

 

こうした症状はひとくくりにして不定愁訴と呼ばれますが、欧米を中心とする西洋医学では、こうした不定愁訴は明確な疾病とは確立されていないことがほとんどで、そのため女性はなんとか症状を緩和しようとして苦しい思いをすることになります。

 

ホットフラッシュは、一瞬で身体がほてり、大量の汗をかきます。こうした症状は、上半身、特に顔に顕著に表れ、真冬であるにもかかわらず、一人だけタオルを絞れるほどの汗をかいたりするといったようなケースもあります。

 

ホットフラッシュは午前、午後、深夜の別なく突然起こります。人によっては就寝中にホットフラッシュが起こって、不眠の原因となっていることもしばしばあります。

 

ホットフラッシュには個人差が大きく、数分ごとにひんぱんに起きる人もいれば、週に1回程度といった人もいます。いずれにしても自分であらかじめ予防する確固とした手だてがないため、いったんホットフラッシュを経験すると、大勢の人の前に出たり、なにか特別な催しごとなどの際に以前よりも緊張し、それがさらにホットフラッシュを招くという悪循環に落ちいてしまっている人も多くいます。

 

ホットフラッシュと似た症状の病気とは?

ホットフラッシュは更年期障害によって発症するもので、顔がほてったり、のぼせる症状のことを言います。閉経期に発症しやすいわけですが、こののぼせ、ほてりは他の病気の症状として現れる場合もあります。ホットフラッシュだと思って我慢していたら実は違う病気にかかっていた、なんてことも考えられるのです。

 

ではホットフラッシュと似た症状の病気にはどのようなものがあるのでしょうか。もっとも可能性が高いのが高血圧。とくに入浴中に生じやすい特徴があります。ほかにも気温が高いときに急に発生することがあるので注意しましょう。それかに夏場に注意したいのが熱中症。体内に熱がこもってしまい、体温のコントロールがうまくできなくなってしまっている症状です。急に発生し、放置すると意識を失う場合もあるので注意したいところ。

 

他にもホットフラッシュと似た病気があります。たとえば甲状腺機能亢進。ほてりやのぼせに加えて頻脈や落ち着きを失うといった症状が見られます。あと血液中の赤血球が異常に増えてしまった多血症という病気もあります。精神的な問題としては純粋な自律神経失調症も挙げられます。ただこの場合、身体面で原因を発見できなかった場合に便宜上説明されることも多いのが特徴です。

 

このように、一見ホットフラッシュだと思われる症状の中に病気が潜んでいる可能性があります。特に高血圧は高齢者がかかりやすいものですから注意したいところ。日ごろの健康対策が大きな鍵を握ることになるでしょう。